バーネット法

カジノでは「負けない戦略」ということが大事です。
勝ちもうれしいですが、大きく負けてしまった時の精神的なダメージは大きいですからね。。。

特に初心者の時はできるだけ負けを抑えたい!というのが本音。

そこで今回は「負けも少なく、勝ちも少ないローリスク・ローリターンのマネーシステム」であるバーネット法(1326法)についてまとめてみたいと思います。

 

カジノディーラーが堅実なマネーシステムでカジノ初心者におすすめしていましたので、これからカジノで遊び始める人は読んでみてください。

バーネット法とは

まず最初にバーネット法の具体的な賭け方を見ます。
バーネット法はこのような賭け方になります。

バーネット法(1326法)

画像にあるようにバーネット法は「1・3・2・6」と賭けていく方法です。
具体的に手順を見ていきます。

  1. 最初に1を賭ける
    ※「1」は単位なので、何ドルでもOK。
  2. 勝ったら右の数値に移動する
    ※最初に「$1」なら「$1⇒$3⇒$2⇒$6」
    ※最初に「$3」なら「$3⇒$9⇒$6⇒$18」
  3. 負けたらリセットして「1」からやり直す
  4. 「6」を賭ける or 「負ける」でリセット

 

非常にシンプルなマネーシステムなので、「1・3・2・6」と覚えておけばOKです。

バーネット法での収支

では実際にバーネット法で勝った場合の収支を見てみます。

回数1234
賭け金1326
勝敗
損益+1+4+6+12
勝敗
損益-1-220

バーネット法では最初の2回を勝てば収支は絶対にマイナスにならないのが特徴です。
しかし、バーネットで法は最初の2回で賭ける金額は1、3なので負け自体が大きくならないのがメリットとなってます。

バーネット法 2つのデメリット

では逆にバーネット法のデメリットにはどのようなモノがあるのでしょうか?

  1. 4連勝しないと利益額が少ない
  2. 2連勝しないと利益確定できない

収支表を勝利額を見てみてください。
4連勝した場合は損益が「+12」と結構な大きな金額になりますが、それまではあまり大きな利益につながりません。

また、2連勝しないと利益確定できないのもデメリットです。
バーネット法では2連勝が前提となっているので2連勝しないことには効果がありません。
だからバーネット法は使えるゲーム自体が限られてしまします。

具体的にどのようなゲームでバーネット法が使えるのでしょうか?

バーネット法が使えるゲーム

バーネット法では勝敗が1/2で決まるゲームで有効です。
具体的にはブラックジャック、バカラ、ルーレットの赤黒ベット、ジャックボーの大小賭けなどがあげられます。

やはり2連勝が起きやすいゲームを選ぶことがバーネット法を活かすためには必須の条件です。

バーネット法のまとめ

最後にバーネット法についてまとめてみます。

  1. 「1・3・2・6」の順に賭けていく
  2. 負けたら「1」に戻りリセット
  3. 2連勝すれば負けにならない
  4. 勝率50%のゲームで有効

バーネット法はローリスク・ローリターンではありますが、実際にディーラーをしている人が初心者におすすめな堅実なマネーシステムという紹介もあったので、堅実にお金を増やしていきたい!という人は是非試してみてください。

 

オンラインカジノで遊ぶなら入金ボーナスをもらおう

どうせ遊ぶならたくさんの入金ボーナスをもらおう! 入金ボーナスがもらえるオンラインカジノをまとめてみました!