[投資法] ブログ村キーワード
ウィナーズ投資法

カジノはもちろん競馬、バイナリーオプションなどの投資や賭け事にも使用されているマネーシステムです。
「ウィナーズ投資法」という言葉が知られていなかった時代に、このやり方自体が数万円で販売されていたほど有効な投資法となっていたようです。

今では情報が知れ渡っているので数万円の価値があると言えないですが、今でもカジノや投資の世界で使用されている投資法です。
それほど素晴らしいと呼ばれる「ウィナーズ投資法」とはどのようなものなのか?

このページではウィナーズ投資法についてまとめてみたいと思います。

ウィナーズ投資法とは?

ウィナーズ投資法を一言でまとめるのは難しいので全体の流れを書くとこのようになります。

  1. 2連敗までは同額を賭ける
  2. 3回目以降、勝つまでは2倍ベットする
  3. 負けた金額の2倍を勝つまで続ける
  4. 勝ち負けの数が同じになるまで続ける

といってもこれだけでは全然伝わらないと自分でも思いますので、例を交えて順番に説明していきたいと思います。

2連敗までは同額を賭ける

ウィナーズ投資法は2連敗してからがスタートになります。
それまでは最初に決めた掛け金を賭けます。
ここではわかりやすいように「$1 = 1」として書いていきます。

2連敗までは「1 ・1」と賭ける

この時点での収益はこのようになります。

 賭金勝敗損失累計損益
1回目1-1-1
2回目1-1-2

3回目以降、勝つまでは2倍ベットする

 賭金勝敗損益累計損益
1回目1-1-1
2回目1-1-2
3回目2-2-4
4回目2-2-6
5回目2-2-8
6回目2+2-4

この例で言えば6戦目でやっと1勝。
それまでは「1回目の”1″」の2倍の金額をかけ続けます。

負けた金額の2倍を勝つまで続ける

6戦目での1勝は”1回目の負け”に対しての2倍だったのですが、次は”2回目の負け金額”に対して2倍を勝つまで賭け続けます。
具体的にはこのようになります。

 賭金勝敗損益累計損益
1回目1-1-1
2回目1-1-2
3回目2-2-4
4回目2-2-6
5回目2-2-8
6回目2+2-4
7回目2-2-6
8回目2+2-4

この例で言えば2回目の負けに当たる”1″の2倍を勝つまで賭け続けます。
そして勝ったら2回目の負けを取り返したことになり、次は3回目の負けの2倍の金額を勝つまで賭け続けます。
今回の例で言えば3回目は”2″になるので、その2倍である”4″を勝つまで賭けるという感じです。

勝ち負けの数が同じになるまで続ける

上記の流れを勝ち負けが同じになるまで続けていって、勝敗の数が同じになったところでウィナーズ投資法の1セットが完了します。
今回は説明が長くなりすぎないようにするために、比較的に連勝した場合での例をあげてみたいと思います。

 賭金勝敗損益累計損益
1回目1-1-1
2回目1-1-2
3回目2-2-4
4回目2-2-6
5回目2-2-8
6回目2+2-4
7回目2-2-6
8回目2+2-4
9回目4+40
10回目4+44
11回目4+48
12回目4-44
13回目4+48
14回目8+816

このように最終的に勝ち負けの数は同じなのですが、最終的に得られる利益は16となっています。
大きな利益とは言えませんが、50%の勝率のゲームでこれくらいの利益をあげられるなら中々良いのでは無いでしょうか?

ウィナーズ投資法が難しい!という場合

ここまでウィナーズ投資法の賭け方について見てきましたが、わかりましたか?
正直私は最初知った時は中々意味がわかりませんでした(;・∀・)
だからもし、使い方がわからない場合におすすめはメモを書きながらやってみることです。

実際に最初文字だけではわからなかったのですが、実際に書いてやってみると理解しやすいのおすすめです!

ウィナーズ投資法に適したゲーム

ではウィナーズ投資法に適しているのはどのようなゲームなのでしょうか?

適していると言われるゲームはブラックジャック、バカラなどのイーブンベットと呼ばれる「勝率50%・掛け金の2倍のリターン」のゲームでした。
具体的に挙げてみるとこのようなゲームがあります。

  • ブラックジャック
  • バカラ
  • ルーレットの赤白賭け
  • ルーレットのオッドイーブン
  • ルーレットのハイロー
  • タイサイの大小

これらのゲームでの相性が良いと言われるので、これらのゲームを楽しむ際には試してみてください。

ウィナーズ法のデメリット

ウィナーズ法のデメリットにはどのようなモノがあるのでしょうか?
調べてみると「勝ち負けが交互になると掛け金が膨らんでいく可能性がある」というのがあげられていました。

ウィナーズ法では勝敗の数が同じになるまで続けるので、勝敗が続くと賭金だけが上がっていくことになります。

 

相性の良いゲームで勝率が50%といっても、やはり1回に賭ける金額が大きいのはリスクです。
あまりにも賭金が上がりすぎた場合は、一度損切りするなどのルールは自分で作っておくのが良いかもしれないですね。

ウィナーズ投資法のまとめ

ウィナーズ投資法全体の流れを再度掲載しておくとこのようになります。

  1. 2連敗までは同額を賭ける
  2. 3回目以降、勝つまでは2倍ベットする
  3. 負けた金額の2倍を勝つまで続ける
  4. 勝ち負けの数が同じになるまで続ける

 

その他特徴をまとめるとこうなります。

  • イーブンベットのゲームに向いている
  • 勝ち負けが交互に続くと賭金が大きくなってリスクも大きくなる

 

ウィナーズ投資法はマーチンゲール法などと比較すると少し理解が難しいのですが、投資の世界でも利用されている王道とも言えるマネーシステムになっていますので、ぜひとも覚えておきたいマネーシステムです。

オンラインカジノで遊ぶなら入金ボーナスをもらおう

どうせ遊ぶならたくさんの入金ボーナスを貰えるほうが良くないですか? 入金ボーナスがもらえるオンラインカジノをまとめてみました!