グッドマン法(1235法)

以前にローリスク・ローリターンなマネーシステム「バーネット法(1・3・2・6法)」をご紹介しました。
(バーネット法の詳細はこちら⇒バーネット法(1・3・2・6法)とは)

 

今回はそのバーネット法よりも損失額を抑えられて、さらにリスクを抑えたマネーシステムであるグッドマン法(別名:1・2・3・5法)をご紹介したいと思います。

リスクが低いので「堅実にプレイ・長時間カジノを楽しみたい」という方におすすめです。
では詳しくグッドマン方について見ていきたいと思います!

グッドマン法(1・2・3・5法)の賭け方

グッドマン法(1・2・3・5法)

グッドマン法の賭け方は「1・2・3・5法」という別名があります。
その名前からわかるように「1・2・3・5」と順番に賭けていく方法です。
詳しく書くとこうなります。

  1. 勝ったら「1・2・3・5」と順番に賭けていく
    ※最初が$1の場合⇒「$1⇒$2⇒$3⇒$5」
    ※最初が$3の場合⇒「$3⇒$6⇒$9⇒$15」
  2. 4連勝後も5を賭け続ける
  3. 負けた場合はリセットして、1から賭け直す

ではこのグッドマン法での収支はどのようになるのでしょうか?

グッドマン法の収支

実際の収支を見てみます。

回数12345
賭け金12355
勝敗
損益+1+3+6+11+21
勝敗
損益-1-1016

基本は4連勝までなんですが、続いた場合の損益も載せています。

 

グッドマン法では2連勝すれば負けはなくなり、それ以降はいつ負けてもマイナスにはなりません。

グットマン法が有効なゲーム

有効と言われているゲームは2倍ベットのゲームで、ブラックジャック、バカラなどがあげられます。

ただし、これは有効というよりもグッドマン方が2連勝しないと利益が出ないため、2倍ベットの高確率で当たるゲームでしか使えないというのが実際のところです。

グッドマン法とバーネット法の比較

グッドマン法と似た方法であるバーネット法で比較してグッドマン方が優れているところは損失額が少ないところです。
実際に比較してみるとこのようになります。

 グッドマン法バーネット法
2戦目に負けた時の損失-1-2
3戦目に負けた時の損失01

3戦目まで行けば、それ以降負けたとしてもどちらでも損失は出ません。
ただし、2戦目で負けた場合の損失はグッドマン法のほうが低く抑えられています。

 

逆に4連勝しないと「利益確定できない」のがグッドマン法のデメリットとも言えます。
5連勝以降なら利益は増やせるので連勝の空気の時は強いマネーシステムといるでしょう。

グッドマン法のまとめ

  1. 勝ったら「1・2・3・5」と順番に賭けていく
  2. 4連勝後は5を賭け続ける
  3. 4連勝するまでは「利益確定でない」

ここまでグッドマン法について書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

グッドマン法は比較的リスク少なくカジノを遊べるマネーシステムなので、初めて遊ぶカジノや、ゲーム全体の流れをつかむために使ってみたりすると良さそうです。

 

オンラインカジノで遊ぶなら入金ボーナスをもらおう

どうせ遊ぶならたくさんの入金ボーナスを貰えるほうが良くないですか? 入金ボーナスがもらえるオンラインカジノをまとめてみました!