[投資法] ブログ村キーワード
31システム法

カジノ必勝法の賭け方の1つにあげられる「31システム」。
こちらのページでは31システムについてまとめてみます。

31システム法とは?

31システムを簡単に3つにまとめるとこのようになります。

  1. 最初に賭ける金額を1として、合計31を賭ける
  2. 賭ける金額は「1・1・1・2・2・4・4・8・8」の順番
  3. 2連勝する or 9回目まで行ったらリセット

具体的にそれぞれ見ていきたいと思います。

最初に賭ける金額を1として、合計31を賭ける

一番最初に賭ける金額を1とするというのは、一番最初に$1を賭けた場合に$1を1とすることです。
だから仮に最初が$10であれば「1 = $10」となります。

この1を基準として合計31を1セットと考えて賭けていくのが31システムです。

賭ける金額は「1・1・1・2・2・4・4・8・8」

次が賭ける金額ですが、上に書いてある順番で賭けていきます。
全部で9回あるのですが、途中で勝った場合は、順番が若干変わります。
それをわかりやすく表にまとめたのがこちらです。

 1回目2回目3回目
ステージ1111
ステージ222
ステージ344
ステージ488

縦軸にステージ、横に回数となっています。
負けた場合は横に行って、最後まで行ったら次の行へ移動していきます。

31system

 

ただし、ステージ1〜3の途中で勝った場合は次のステージへ行きます。

31システム 勝った時

 

「負けた場合は順番通り、勝った場合は倍賭け(最大8枚)」とするとわかりやすいかと思います。

2連勝する or 9回目まで行ったらリセット

31システムの終わりは上記の2つのパターンになります。

2連勝した場合はこれまでにかけた金額よりも「+」になり、31システムが一旦終わります。
その後はまた最初からやり直していく形になります。
それか最後の9回目まで行くと終了です。

私が最初31システムを調べていて思った疑問が「9回目に勝ったらどうするの?」というところ。
これは「負け越し」で次に$18賭けるとかそういうものでは無いようです。

とりあえず最大で9回を1セットとして考えればOKということでした。

31システムでの利益

ではこの31システムではどれくらいの利益を出すことができるのでしょうか?
実際に表にまとめてみました。

 累計掛け金利益
1回目から1 + 2
= 3
6 - 3 = 3
2回目から1 + 1 + 2
= 4
6 - 4 = 2
3回目から1 + 1 + 1 + 2
= 5
6 - 5 = 1
4回目から1 + 1 + 1 + 2 + 4
= 9
12 - 9 = 3
5回目から1 + 1 + 1 + 2 + 2 + 4
= 11
12 - 11 = 1
6回目から1 + 1 + 1 + 2 + 2 + 4 + 8
= 19
24 - 19 = 5
7回目から1 + 1 + 1 + 2 + 2 + 4 + 4 + 8
= 23
24 - 23 = 1
8回目から1 + 1 + 1 + 2 + 2 + 4 + 4 + 8 + 8
= 31
32 - 31 = 1

見てもらってわかるように31システムは大負けこそありませんが、大勝ちも無いのが特徴です。
そういう意味ではローリスク・ローリターンの投資法と言えると思います。

31システムに適したゲームは?

31システムに適したゲーム

31システムに適したゲームはイーブンベットと呼ばれる勝った時に掛け金2倍が返ってくるゲームと言われています。
具体的に挙げるとこのようなゲームがあります。

  • ブラックジャック
  • バカラ
  • ルーレットの赤白賭け
  • ルーレットのオッドイーブン
  • ルーレットのハイロー
  • タイサイの大小

31システムは利益額が大きな賭け方ではないので、確率的に50%程度のモノに適しているということでした。
マネーシステムとゲームの相性は大事かと思うので使う時の参考にしてみてください。

31システムのメリット

ではこの31システムにはどのようなメリットがあるのでしょうか?
調べたところ、この2つにまとめられるかと思います。

  1. 大負けして大金を失う可能性が低い
  2. 損切り・利益確定のポイントをコントロールする必要がない

 

31システムにおいてベットの上限は31です。
マーチンゲール法であれば、負けると一気に大金を失う可能性があります。
(勝てば取り返せますが)

それに対して31システムでは上限が決まっているので、思っている以上に損失が大きくなることを防げます。

 

またマーチンゲール法、パーレー法の場合は、自分でどこで損切り・利益確定するかを決めないと結局は利益が出ないことが考えられます。
31システムでは賭け方・掛け金まで決まっているので、ルールに従って賭けている限りは結果がわかりきっています。

 

自分で資金コントロールができる自信がない人や、とりあえずやってみようという私みたいな初心者には向いている投資法だなと感じました。

31システムのデメリット

では逆に31システムのデメリットを考えてみると、「利益が少ない」となります。

上の31システムでの利益額の表で見てわかるように損失も少ないですが、”利益も最大で5″とかなり少なくなっています。
「せっかくカジノで遊ぶなら大勝ちしたい!!」という人には、細かい収益を積み重ねる31システムは合わないかもしれないですね。

31システムのまとめ

31システムについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?
最後に31システムについて簡単にまとめてみるとこのようになります。

  1. 「1・1・1・2・2・4・4・8・8」の合計31で賭ける方法
  2. 2連勝した時点で利益確定、9連敗でリセットする
  3. 損失は最大で31でローリスクだが、利益も少ないローリスク・ローリターンの投資法

すごくシンプルでわかりやすい投資法なので、覚えやすいかと思います。
個人的にはハイリスクな投資法は性にあっていないので、31システムのような投資法が自分には向いているかなとか思いました。

これからカジノで遊ぼうと考えているなら試してみてください!

オンラインカジノで遊ぶなら入金ボーナスをもらおう

どうせ遊ぶならたくさんの入金ボーナスを貰えるほうが良くないですか? 入金ボーナスがもらえるオンラインカジノをまとめてみました!