【当サイト限定特典】

  1. 【即時出金】12月限定!花魁ドリームFS 250回
    今すぐ確認はこちら
  2. 【即時出金】12月限定!バカラチップ
    今すぐ確認はこちら
  3. 【$30】通常の3倍!入金不要ボーナス
    今すぐ確認はこちら
  4. 【$20】出金条件1倍!入金不要ボーナス
    今すぐ確認はこちら
  5. 【即出金】ムーンプリンセスFS30回!
    今すぐ確認はこちら

カジノ 必勝法 テーブルゲーム ルーレット

勝率89%の666法!ルーレット必勝法を解説!

666法はルーレットの必勝法として人気の方法です。

こちらのページでは「666法ってなに?」という方でもわかるように、
具体的なベット方法、メリット、デメリットから、おすすめな使い方戦略などを解説しています。

ルーレットで使える必勝法をお探しなら参考に読んでみてください。

666法はカジノのルーレットの基本知識が前提になります。
ルーレットは初めてだよ!という場合は以下のページを読んでもらうと、このページが理解しやすいかと思います。

それでは具体的にみていきたいと思います!
まずは基本的な使い方からです。

666法の使い方

666法の使い方を説明します。
賭ける場所とユニット数の組み合わせが多くなっています。
最初にまとめるとこのようになります。

賭ける場所ユニット数
赤黒賭けの赤1ヶ所36
スプリットベット
(黒の並んでいるところ)
6ヶ所4
黒のストレートベット
(1つだけに場所)
3ヶ所2

具体的にどの場所に賭けていくか画像を使って説明していきます。

赤黒賭けの赤に36ユニット

まず最初に赤黒賭けの「赤に36ユニット」賭けます。

大事なのは、ベットするのが「赤」なところです。
「黒」にすると666法で必要な場所全てに賭けられないからです。

スプリットベットで6ヶ所4ユニット

次に「黒」のスプリットベット(横に2つ並んでいるところ)6ヶ所に4ユニット賭けていきます。
一番左にある0も「黒」と考えてそこにも賭けていってください。

6ヶ所とは書いたものの、黒が並んでいる場所は6箇所しかありません。
なので「黒が並んでいるところに4ユニットずつ賭ける」と覚えると簡単に覚えられます。

ストレートベット 黒3ヶ所に2ユニット

最後に黒のストレートベットに2ヶ所、それぞれに2ユニット賭けます。
下の画像では6,24,35にしていますが、数字一つだけのところであればどこでもOK。

666法の賭け方はこのようになっているのですが、666法と呼ばれる

666法の利益

666法で勝った時の利益は6ユニット

使い方で見たように666法は賭ける場所が重複しないようになっていて、どこで勝っても6ユニット勝利金が出るように配置されています。

逆に利益が6ユニット固定なので、もっと大きく勝ちたい場合は、1ユニット単位の賭け金を上げていくしかありません。
狙いたい利益に合わせてユニット数の調整が必要です。

とはいえ1回あたりで66ユニットを賭けているので、6ユニットと考えると投資額の10%程度ということは考慮しておくほうが良いかもしれません。

666法と呼ばれる理由

66ユニット賭けて、利益が6ユニットなので、666法と呼ばれているようです。

666法の勝率が89%な理由

なぜ666法の勝率が89%なのかというと、1回で賭ける場所が多いからです。
具体的な数字でみてみましょう。

賭ける場所ベット場所勝率
ヨーロピアンルーレット37ヶ所33ヶ所89%
アメリカンルーレット38ヶ所33ヶ所87%

このように、666法は賭けられる場所に対して、ベットする場所が多くなっているので勝率が高くなっています。
カジノゲームでもこれだけの勝率を出せるのは賭けられる場所の多いルーレットならではですね。
高確率で勝てるので、ルーレットの必勝法の一つとして言われています。

確かに勝率自体が高いのは間違いありません。
しかし、実は666法の期待値はマイナスとなっています。
なぜ期待値がマイナスなのか具体的にみてみましょう。

666法の期待値

先ほど書いたように期待値はマイナスです。
なぜマイナスになっているのか、実際に具体的な666法の期待値をみてみます。

ヨーロピアンルーレットの期待値

ヨーロピアンルーレットの期待値は1回あたり-$1.78です。

場所数利益/回総利益
勝つ33ヶ所$6$198
負ける4ヶ所$-66$-264

37回ルーレットをプレイして全て違う場所に入った場合、利益が-$66。
なので1回平均で-$1.78が期待値になります。

アメリカンルーレットの期待値

アメリカンルーレットの期待値は-$3.5/回になります。
ヨーロピアンと比較して負ける場所が1ヶ所多くなっているので、より低くなります。

場所数利益/回総利益
勝つ33ヶ所$6$198
負ける5ヶ所$-66$-330

38回ルーレットをプレイして全て違う場所に入った場合、利益が-$132。
1回平均で-$3.5が期待値になります。

アメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットの違いは1ヶ所入る場所が多いところです。
たった1ヶ所ではありますが、アメリカンルーレットの期待値はヨーロピアンルーレットの2倍低くなります。
なぜこれだけ違うのかというと、666法のデメリットの一つである負け金が大きいのが理由になります。

※666法のデメリットについては後で詳しく書いています。

666法のメリット

まず666法のメリットをかくと、勝率が89%と高いところです。

1回あたりの勝率が89%だと「ほとんど勝てる」というのが嬉しいところ。
カジノは一攫千金を狙う場所ではありますが、できる限り高確率で勝てるならそのほうが嬉しいですからね。

666法 3つのデメリット

次に666法のデメリットを見てみます。
大きく分けて以下の三つがあります。

  • 1回の損失額が大きい
  • 1回負けたら11連勝必要
  • 賭ける時間がかかる

1回の損失額が大きい

666法の1番のデメリットとして大きいのが損失額です。

1回あたり66ユニットかけるので、負けた場合の損失額は当然66ユニットになります。
しかし勝ったとしても6ユニット。
勝った時と負けたの差が大きいんです。

1回あたりの勝率が高いとはいえ、やはり損失が大きいのはデメリットです。

1回負けたら11連勝必要

666法で負けた場合の損失額は66ユニット、勝った場合は6ユニットです。
なので11連勝して、やっとプラマイ0。

勝率が87%と高いと言っても、10回に1回以上は負ける計算なので割と負けるという事実から逃げられません。

賭ける時間がかかる

カジノでは賭ける時間が決まっています。
その時間内に666法のベットを完了する必要があります。

しかし、使い方で説明したように666法1回で賭ける場所、量が複雑。
覚えていないと制限時間内にベットするのは大変です。

中途半端な状態でゲームが開始されてしまえば、不利な条件でベットしてしまう可能性もあります。
ベットに時間がかかるのがデメリットと言えるでしょう。

オンラインカジノなら1回かけてしまえば、同じ場所に再ベットできるので初回だけ急いでベットするしかなさそうです。

666法を使う良い戦略は?

666法は戦略的に使うのであれば短期的に使うのがポイントとなります。

メリット、デメリットを見てわかるように666法は勝率が高いものの、負けた時には11連勝しないと挽回できない手法です。
勝率は高いけど、負けたら損失の大きい諸刃の剣と言えます。

だから、高確率で勝てるメリットを活かし、損失が大きいデメリットを防ぐため「短期的に回収して、すぐに撤退」するのが666法には良い戦略になります。

666法 最後に

最後に改めて666法について簡単にまとめるとこのようになります。

  • 赤黒の「赤」に36ユニット賭ける
  • 「黒」が並んでいる6ヶ所に4ユニット賭ける
  • 「黒」のストレートベット3ヶ所に2ユニット賭ける
  • 1回あたりの勝率は87%
  • 1回負けると11連勝しないと取り戻せない
  • 期待値自体はマイナス
  • 長期的には厳しいので、短期で勝ってサクッと抜ける戦略が良い

長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。

期待値的にはマイナスになりますが、1回あたりの勝率が87%という666法。
高い勝率なので必勝法とは言われますが、負けた時のデメリットも多いです。

使うタイミングを見極めて短期的に使えばしっかりと成果が出せると思いますので、ぜひ一度使ってみてください。

666法を試しに使ってみたいなら

とはいえ、666法をいきなり実践で使うのは怖い!と思うかもしれません。
そういう場合は入金不要ボーナスのあるオンラインカジノで試してみるのがオススメです。

登録だけでボーナスがもらえますので、ノーリスクで666法を試してみてください。

今すぐボーナスを確認する