ブラックジャック ルール

テーブルで行うトランプカードで代表的なゲームがブラックジャックです。
カジノ初心者の私でも名前を聞いたことのあるゲームでした。
なんとなくルールは知っているけど、詳しいところまで知らなかったので改めてルールを調べてみました。

で、調べてみた結果ですが、ブラックジャック自体は簡単なルールが有るのですが、様々なルールが追加されている違うブラックジャックもあってかなり奥が深かったです。
さすがに全て把握するのは厳しそうに感じたので、まずこちらのページではブラックジャックの基本的なルールについてまとめていきたいと思います!

ブラックジャックの基本的なルール

簡単に説明をすると、自分とディーラーと1対1の2人で勝負するゲームで、手札を21により近づけた方が勝利するゲームとなっています。

  • 1対1の2人用ゲーム
  • 21に近いほうが勝利
  • A(1)は1か11好きな方にできる
  • 絵札(J、Q、K)は10として数える

たまに複数人でやっているのを見たことがあるかもしれませんが、あくまでもディーラーとの2人対戦となってます。

ブラックジャックでジョーカーの役割は?

ブラックジャックではジョーカーは使わないので、役割はありません。
自宅で遊んでしたりするならワイルドカードとして、何にでも使えるようにして遊ぶのも良いかもしれません。

ブラックジャック ディーラー(親)のルール

ブラックジャック ルール ディーラー

私達とは別でディーラーにもルールが決まっています。
それはこの2つになります。

  1. 手札の内の1枚はプレイヤーに見せる必要がある
  2. 手札が17未満の場合はさらに1枚引く必要がある
  3. 手札が17以上になると、それ以上は引けない

つまり親の手札は絶対に17以上(17、18、19、20、21以上)になるということです。

 

これを見ているとかなりディーラー側は制限があります。
調べている限り、このディーラーのルールのために、ブラックジャックではプレイヤー側がかなり有利と言われていました。

初心者の私としてはピンとこないのですが、そういうことになっているみたいです。
だからこそ、この親のルールというのはちゃんと覚えておいたほうが良さそうだとは思いました。

ブラックジャックで使う基本用語

トランプゲームと行ってもそれなりに用語が出てくるので、とりあえず基本的な用語をまずはまとめておきます。
より専門的な用語については下でまとめています。

ブラックジャック その他の用語

ヒット

手札にカードを1枚追加すること。
21を超えるまで何度でもヒットできます。

実際のカジノではヒットというよりも、机を叩くことが多いようでした。

ダブル

掛け金(ベット)を倍にして、もう一枚カードを追加します。
その代わりダブルした後にカードを追加することができません。

スタンド

手札の追加を終了します。
カードゲームで「自分のターンを終える」というのと同じです。

バスト(バースト)

ブラックジャックとなる21点よりも高い数になってしまうこと。
ディーラーの持ち札が超えていたとしても、先に引くこちらが負けになります。
(先に引くのはこちらのため)

ブラックジャックの流れ

ブラックジャックのルールと用語を覚えたところで、実際の流れを見ていきたいと思います。


  1. ベット
    最初にするのがベット。
    いわゆるお金をかけることです。
  2. 持ち札の調整
    次に自分の持ち札を調整するタイミングになります。
    カードを引く、引かないを手札をみて調整して、最終のカードを決めます。この時に21を超える(バースト)してしまうと、即時に負けが決定します。
  3. ディーラーの持ち札の調整
    ディラーが持ち札を調整する順番です。
    21を超えると私達の勝ちです。
  4. 勝負
    手札とディーラーの手札で21に近いほうが勝ちです。

ブラックジャックはルールが簡単で、すごくシンプルな流れになっているので一番手軽に始められるゲームだと思いました。

ブラックジャックその他の用語

アップカード

ブラックジャック アップカード

ディーラーに配布されたカードのうち、見えている方をアップカードと言います。
この画像で言うと左側になります。

ホールカード

ディーラーのカードのうち、見えていない方のカードをホールカードと言います。
上の画像で言うと右側の事になります。

スプリット

ブラックジャック スプリット

この画像のように最初に配られた2枚のカードが同じだった場合に使えるのスプリットです。
手札を2つに分けて、それぞれの手札で勝負できる。
具体的にはこのようになります。

ブラックジャック スプリット

スプリットした場合、掛け金(ベット)は2倍になるのですが、勝負できる持ち札が2山というのは負ける可能性を減らせます。

サレンダー

降参すること。
その時に自分の掛け金の半分を親(ディーラーに渡す)。

ブラックジャックは相手の持ち札も見えているので、相手が強そうだったり、自分の勝率が低い時にすることで負けを抑えることができます。

インシュアランス

ブラックジャック インシュアランス

上記の画像の用にディーラーの見せ札に「A」がある時に使えるのがインシュアランスです。

「ディーラーの手札がブラックジャックかどうか?」に対して、最初の掛け金の半額を保険として掛けることができます。
そしてディーラーがブラックジャックだった場合には2倍(最初に賭けた金額と同額)、違った場合は全額没収されます。

 

インシュアランスの具体例

  • 最初の賭け金 10ドル
  • インシュアランスの掛け金 5ドル

の場合はこのようになります。

勝敗ディーラーの手札損益
ブラックジャック20 + 10 = 30ドル
20 - 5 = 15ドル
ブラックジャック-10 + 10 = 0ドル
-15ドル

イーブンマネー

インシュアランスと同じで、ディーラーの手札の見せ札に「A」がある場合に使えます。
違うのは自分の手札がブラックジャックであることです。
そこでディーラーの手札がブラックジャックかどうか?について賭けをします。

自分はブラックジャックなので、負けることは無いので、更に報酬を増やすための勝負をします。

イーブンマネーの具体例

  • 最初の賭け金 10ドル
  • イーブンマネーの賭け金 5ドル

の場合はこのようになります。

ディーラーの手札損益
ブラックジャック25 + 10 = 30ドル
25 - 5 = 20ドル

ブラックジャックのルール まとめ

ここまでブラックジャックの基本的なルールについてまとめてみました。
基本的なルールとしては最初に書いた3つのポイントとなっています。

 

  • 1対1の2人用ゲーム
  • 21に近いほうが勝利
  • A(1)は1か11好きな方にできる
  • 絵札(J、Q、K)は10として数える

まずは基本的なルールを把握した上で、アプリ等で遊んで細かい戦略等も学んでいくのが良さそうです。
また戦略等については他のページでまとめていきたいと思います。

オンラインカジノで遊ぶなら入金ボーナスをもらおう

どうせ遊ぶならたくさんの入金ボーナスをもらおう! 入金ボーナスがもらえるオンラインカジノをまとめてみました!