SticPayでATM出金できるようにする方法

SticPayはATM引き出しできるのが一番のメリットなオンラインウォレットです。
でもただSticPay口座を開設するだけではATM引き出しはできません。

そこでこちらのページではSticPayをATM引き出しできるようにする方法をご紹介したいと思います。

まだ口座開設が完了していない場合はこちらのページに開設方法を紹介しているので見てみてください。

Sticカードを申請をする

SticPayをコンビニATMで利用するには、個人認証を終わらせた上で、カード発行手続きを完了させる必要があります。
ということでこちらではATMで出金できるようにするためのSticCardの申請方法を書きたいと思います。

最初にSticカード作成に関するポイントをまとめると以下になります。

Sticカード作成のポイント
  1. 口座の残高が110 USD以上あること
    (発送費:$40、初期チャージ:$70)
  2. パスポート情報が必要
  3. 2〜3週間かかる

上記を踏まえた上、申請方法についてみていきます。

 

まずはSticPayを開き、「Sticカード」を押し、「申請」を押します。

sticpay sticcard

 

氏名、住所などをアルファベットで入力します。
ここでパスポート番号も必要になりますので、パスポートをご用意ください。

sticpay sticcard

 

つぎに、身分証明書、居住証明書、パスポートの画像を送ります。

sticpay sticcard

sticpay sticcard

 

最後に利用規約を確認後チェックを入れて、署名をします。

sticpay sticcard

以上で申請が完了します。

 

申請が完了すると、2〜3週間ほどで郵送にてSticカードが送られてきて、アクティベーションをすればSticカードが利用できるようになります。

SticカードのATM出金の限度額

SticPayのカードは便利なのですが、利用額に上限が設定されています。
設定されている金額は以下のようになります。

限度額の内容限度額
1日の利用限度額$2,000
1月の利用限度額$9,500
1日のATM引出限度$5,000
1月のATM引出限度$9,500

約100万円程度が月間での最大になります。
もしこれ以上の額でオンラインカジノを楽しむのであれば、銀行振込などに対応したオンラインカジノで遊ぶほうがより楽しめるかと思います。

Sticカードで引き出しはどこでできる?

SticPay ATM出金

Sticカードは現在「Union Pay(銀聯)」ブランドのカードとして発行されています。
(以前はマスターカードだったようです)

なので、日本国内で出勤する場合は「UnionPay」が使えるATMであれば出金ができるようになっています。
具体的にUnionPayが使えるATMには以下のようなものがあります。

 

  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • イオン銀行

 

上記は本当にメジャーなものではありますが、日本国内であればどこでも対応できるレベルの引き出しやすさなのでSticカードの引き出しに困ることはほぼないかと思われます。